焼きすぎた10代、美白を頑張り続けるその後・・・


10代のころは、運動部に所属していました。厳しいところだったので、ランニング時など、日焼け止めを塗ったら怒られたので、塗ることができませんでした。今の日焼け止めなら塗ってもばれないと思いますが、当時のものは、塗るとばれました。それに当時はスキンケアに関心をもっていませんでした。ところが20代のある日、街中で声をかけられたエステ業者にビル内に連れていかれ、友達と一緒に潜在しているシミを見せられました。すると私はシミだらけ。友人はほとんどなかったのです。エステ業者もその友人には驚き、「どこの化粧品を使っているの?」と尋ねたほどでした。結局、そのエステ業者は怪しかったので、「お金がないから」と逃げました。そこからです。シミ、どうにかしなくては!という意識が芽生え、私の美白人生が始まりました。美白に効く、というサプリメントを飲んだり、美白化粧品は、高かろうと、ありとあらゆるものを試しました。でも、焼きすぎていたんです。結局20代半ばで、シミが現れてしまい、何をつかっても薄くはなりませんでした。育児で家にいる機会を利用して、皮膚科でレーザー治療を受けました。それ以外の部分については、20代からの無意味かと思われた美白のおかげなのか、出てきません。むしろ、他の人よりはシミはない方です!現在は、忙しいので、ドクターシーラボの美白ゲルを使用しています。サプリメントは、効果の有無が分からないので、やめました。