ビタミンCが美白に導いてくれる


女性にとってお肌の美白はあこがれの的ではないでしょうか。
そんな美白にとって一番大敵なのが日焼けです。日焼けの一番の原因は太陽からの紫外線です。
紫外線には主にA波UVA、B波UVB、C波UVCの3種類があります。右に行くほど波長が短くなります。
波長が短いほど身体への悪影響があるのですが、C波UVCは地球のオゾン層に守られており地表には届きません。
しかしオゾン層の破壊で薄くなっている地域では届いてしまう事があります。日本ではまだ大丈夫でしょう。
地表に届く紫外線のうちの大部分がA波UVAで、これをお肌が浴びるとサンタンというお肌が黒くなる日焼けを引き起こしてしまいます。
B波UVBが地表に届くのはわずかですが波長が短い分悪影響が高くなっています。022
B波UVBをお肌に浴びるとサンバーンというお肌が赤くなる日焼けを引き起こしてしまいます。
日焼けしすぎるとお肌が黒くなるだけじゃなく、コラーゲンを変性させてシワの原因になってしまうこともあり、若々しさが失われてしまう可能性があります。
そんな紫外線対策に有効なのがビタミンCです。
ビタミンCにはお肌が黒くなる原因になるメラニンが過剰に生成されるのを抑え、色素沈着を防いでくれる働きがあります。
ビタミンCは抗酸化作用もあり、細胞を酸化させて老化の原因になってしまう活性酸素の働きを抑制する働きまであります。
ビタミンCはそのままだと吸収されにくいので、吸収されやすいようにしたビタミンC誘導体が化粧品などに主に用いられています。

ビタミンCが美白に導いてくれる はコメントを受け付けていません。