日々の努力が美白への道


顔のシミが気になりだしました。市販の美白クリームなどを試してみましたが、効果はないように思いました。
そこで形成外科医にシミのケアができるのかどうか相談したところ、飲み薬で可能とのこと。
しかしその前に紫外線予防について医師から質問されました。シミは紫外線を多く浴びるとできるので、紫外線の予防がシミの予防につながるのだそうです。
若い頃から日焼け止めクリームを塗っていたか、どのような塗り方をしていたか。
私は、若い頃はそこまで真剣に将来の自分のシミのことなど考えておらず、日焼け止めクリームは塗ったり塗らなかったり・・・。また塗るのは外出時のみ、そして夏場のみでした。
形成外科医によれば、これが大きな大きな間違いだったそうです。美白したいのなら、シミを作らないように日々努力することが大事だとのこと。
以下形成外科医の紫外線対策アドバイスをご紹介します。
・朝起きた時から日が暮れるまで日焼け止めクリームを塗る。もちろん外出しない時も。洗濯ものを干す間にも強い紫外線を浴びるのだそうです。
・日焼け止めクリームは少し厚めに、そしてムラにならないように塗る。
・夏場だけでなく、1年間通して塗り続ける!
・今後のシミ対策に向けて、今からでも遅くないので頑張る。
この話を聞いたその日から、私の紫外線対策の日々が始まりました。日焼け止めに次ぐ日焼け止め、朝から晩まで日焼け止めです。
数年後、シミのない肌だといいなと思います。